新生銀行住宅ローン審査落ちた

新生銀行、人気の秘密!住宅ローン審査落ちた理由から分かること!

ネット銀行
諸費用だけで200万円以上もお得になることが!

住宅ローンを組む時にかかる費用は、住宅の購入費だけではありません。

意外と知られていませんが、団体信用生命保険や保証料、事務手数料といった諸費用を合計すると、一般の金融機関だと80万円程度、フラット35になると230万円程度にもなってしまいます。(借り入れする金額と、ローンの返済期間によって変わります)

この金額が住宅購入費に加わるワケですから、当初のライフプランでは対応できなくなる可能性がありますし、必要となる頭金も、想定より必ず高くなります。

そこでおススメしたいのが、こうした重い負担となる諸費用が安くなる金融機関の活用です。

たとえば、実店舗も展開している新生銀行は、保証料と団体信用生命保険という高額な諸費用が無料になります。団体信用生命保険に関しては、フラット35のように加入しなくてよいのではなく、新生銀行が代わりに支払ってくれるので、万一のことがあっても安心です。

ローン返済中の費用もお得に!
さらに、ローン返済中に経済的余裕ができた時など、多めの金額を支払うときに発生する繰り上げ返済手数料や、ローン契約をした時より返済期間を短くする「コントロール返済手数料」なども無料なので、返済中も非常にお得になります。

新生銀行はサポート面でもサービスが充実していて、実店舗で相談ができるのはもちろんのこと、電話による徹底したサポートも用意されているので、住宅ローンの知識がまったくない方でも安心です!

住宅ローン審査落ちた理由にもよく挙げられる「ライフプランの具体性」も、新生銀行なら的確なアドバイスが受けられます。

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年8月】


住宅ローン審査落ちTOP 新生銀行人気の秘密 住信SBIネット銀行審査は? フラット35審査は? 当サイトイチ押し!