楽天銀行フラット35審査落ちた

楽天銀行フラット35審査落ちた?【基準甘い?】

フラット
フラット35審査落ちることはある?

フラット35とは、国の機関である住宅金融支援機構が、民間の金融機関と提携して提供しているサービスで、 最長で35年の住宅ローンです。長期固定金利でなおかつ低金利で提供されるため現在人気が高くなっています。

それだけではなくフラット35は一般の住宅ローンと比較して審査基準が独自のものになっている点でも人気があるのです。

たとえば収入、年収の基準なども400万円から申し込み可能などといった基準はなく、年収に対するすべての借金の返済額の割合によって決まります。

ですから、フラット35なら年収が低くても、基準内であれば審査にとおり借りることができる。つまり審査基準が甘いといわれているのです。

そういった状況の中で楽天銀行フラット35審査落ちたといった口コミや評判はあるのでしょうか?

住宅ローンをどうしても借りたいと思った時にも独自の審査基準で判断するとされているフラット35は大きな力になってくれるものです。

これは楽天銀行であっても例外ではありません。

楽天銀行フラット35審査に落ちないために必要なコツとしては、上にも書いたように年収に対する借金の返済額の割合が問題になるのですから、カードローンやキャッシング、マイカーローンなどの返済額を圧縮することがまずは大事です。

収入をアップさせるよりも、借金を減らしていくほうが簡単なのは間違いありません。

急いで審査申し込みをする前に、自分の借り入れについて見直すのです。

今すぐに楽天銀行フラット35審査に通りたいという場合には、借り入れ金額を見直して、返済額を少なくするという方法もあります。借り入れ金額を少なくすることが可能であれば、すぐに実現できる方法です。またこの場合には頭金を多めに用意することでもフラット35審査基準を通ることができます。

これまでにカードローンの返済が遅れがちだったとか、多重債務の状況に陥っていたことがあるという方の場合には、しばらく住宅ローン借り入れは無理かもしれません。あなたの信用情報を信用情報機関に請求して、いわゆるブラックの状態ではないか、信用事故を起こしていないかを調べて信用情報が悪い場合には数年間申し込みを我慢して頭金をためることに専念することをおすすめします。

フラット35は、借り入れ可能な金額が大きいのも特徴の一つで、最大で8,000万円の借り入れができます。

さらに、民間の金融機関と違って、少ない頭金でも住宅ローンが組めるようになっていて、最低でも物件価格の90%の頭金があればOK(現在はフルローンも申し込めるようになっています。)フラット35に銀行や信用金庫などのローンと組み合わせれば、頭金なしでもマイホームが手に入るケースもあります。

この他にも、諸費用としてかかる高額な保証料や、住宅ローン返済中に金銭的余裕ができたら、返済額を一時的に多くする「繰り上げ返済」の手数料なども無料になっています。

ネット銀行などの台頭で、フラット35のメリットは減少?
このように、準備できる頭金が少なかったり、年収が低かったりする人でも、マイホームが持てるサービスが好評のフラット35ですが、最近では、中小銀行やインターネット専用銀行などが、フラット35を上回るサービスを提供して話題になっています。

たとえば、インターネット専用銀行の住信SBIネット銀行や、イオン系のイオン銀行では、非常に安い金利である上に、保証料や繰り上げ返済料を無料にしています。

また、実店舗を持つ新生銀行では、保証料以外にも、高額な事務手数料、団体信用生命保険料まで無料になっています。

これらの銀行は、住宅ローンの審査に関しても定評があり、他の銀行では住宅ローン審査落ちた理由になることでも、それに該当しないとしている金融機関もあるので、検討する価値は大いにあります。

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年8月】


住宅ローン審査落ちTOP 新生銀行人気の秘密 住信SBIネット銀行審査は? フラット35審査は? 当サイトイチ押し!