住宅ローン審査金融機関

金融機関の種類で審査基準は変わる?

金融機関
金融機関によってまったく異なるサービス

以前は、住宅ローンの申し込みと言えば、知名度の高い都市銀行や地方銀行、地元密着型の信用金庫のサービスが人気でした。

都市銀行は金利が安い反面、審査が厳しいという特徴があり、逆に、地方銀行や信用金庫は、審査が都市銀行ほど厳しくない代わりに、金利が少し高め、というのが特徴でした。

しかしここ数年、低金利時代が長く続いていることも相まって、各金融機関のサービス競争が激しくなってきました。

特に、都市銀行にも地方銀行にも属さない銀行のサービス内容には、目を見張るものがあり、このサイトで紹介している「新生銀行」では、住宅ローンの申し込み段階で発生するさまざまな費用(諸費用)を、他行に比べて圧倒的に安くするサービスを提供しています。

たとえば、借り入れ金額や返済期間によっては、50万円以上もかかる団体信用生命保険料や保証料を、ローン申し込み者に代わって、銀行が支払うことで、他行より100万円以上も安くローンが申し込めます。

こうした銀行は、諸費用だけでなく金利も安くしているので、トータルの費用で見てもかなりお得になります。

インターネット専用銀行からも目が離せない!
金融機関の住宅ローンサービス競争が激化したのは、インターネット専用銀行の台頭も起因しています。

実店舗を持たないインターネット専用銀行は、経費や人件費を顧客サービスに回せるので、諸費用や金利などが圧倒的に低くなっています。

一般の金融機関と違って、リアルに相談窓口がないという点は不安にもなりますが、その点は電話によるサポートが充実しているの安心!

住宅ローン審査落ちた理由にも挙がる年収の低さや、自営業の場合の開業年数なども、比較的緩く設定されているのが特徴です。

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年12月】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断でローンが2分の1
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行の口座がなくても申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 借入まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • 独自の審査基準で有利なフラット35
  • フラット35最安金利と手数料を達成
  • 保証料と繰り上げ返済手数料は0円
  • ネットで申し込み完結、来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 団信生命保険加入資格があることが必須
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
スペック 矢印 申し込み