ネット銀行住宅ローン審査

ネット専用銀行の特徴は?住宅ローン審査落ちた理由を知る!

ネット銀行
自宅から事前審査に申し込める!

インターネット銀行は、一般の金融機関のようにリアルに店舗を持たないので、審査担当者などに直接相談をしたり、書類を記入する際のアドバイスをもらったりすることができません。

しかも、専門用語が多い住宅ローンの審査申し込みでは、金利の選び方や他の金融機関との比較など、初心者にとってはハードルが高いことが多いのが実状です。

しかし、実際にインターネット銀行を利用して住宅ローンの審査に申し込み、審査に通過した方の話を聞いてみると、コールセンタースタッフの徹底したサポートがあったり、サイト内でのQ&Aなどが充実していたりしたことで、自分のライフプランにとって最適で、かつ、お得なローンが組めたという人が続出しています。

また、他行では住宅ローン審査落ちた理由になりうることも、インターネット銀行だったことでクリアになった、という人もいます。

住宅ローンというのは、緻密で現実性のあるライフプランを描きながら、金利の知識や他行との比較ができるようになることが理想ですので、ある程度、他力ではなく自力が必要なインターネット銀行は、逆に、審査が通りやすい申し込み書類などが作成できるのでしょう。

フラット35以上にお得なサービス
インターネット銀行のサービスは、一般の金融機関はもとより、フラット35と比べても、かなりお得になっています。

金利が安く設定されているのはもちろんのこと、数十万円単位でかかる団体信用生命保険料や、繰り上げ返済手数料が無料になっている銀行が多いですし、ローン返済中の不慮の事故や災害などに対しても、手厚い保障が受けられます。

このサイトでは、三井住友信託銀行の関連会社である住信SBIネット銀行のサービスを紹介していますので、ぜひ、熟読してみてください!

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年12月】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断でローンが2分の1
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行の口座がなくても申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 借入まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • 独自の審査基準で有利なフラット35
  • フラット35最安金利と手数料を達成
  • 保証料と繰り上げ返済手数料は0円
  • ネットで申し込み完結、来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 団信生命保険加入資格があることが必須
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
スペック 矢印 申し込み

銀行別比較記事一覧

ネット専用銀行だから実現した、究極の利便性住信SBIネット銀行は、三井住友信託銀行の関連会社で、実店舗を持たないインターネット専用銀行となっています。実店舗がないということは、金融機関の担当者に直接相談ができない、申込書の記入に関してアドバイスが受けられない、といった不安を持つ方もいるかと思いますが、住信SBIネット銀行なら、その点は全く問題なし!専門知識をもったスタッフがコールセンターで待機して...

マイホーム獲得のための最短ルート住宅ローンの申し込みに当たって、実店舗で相談ができる場所を設けているというのは、非常に心強いものです。しかし、都市銀行や地方銀行、信用金庫のように、各地に営業所を構えていると、運営費用や人件費がかさんでしまいます。その点、全国各地に系列会社であるスーパーマーケット「イオン」を持つイオン銀行であれば、店舗の一角に相談窓口を構えているので、経費などが安く済み、その分が住...

フラット35審査落ちることはある?フラット35とは、国の機関である住宅金融支援機構が、民間の金融機関と提携して提供しているサービスで、最長で35年の住宅ローンです。長期固定金利でなおかつ低金利で提供されるため現在人気が高くなっています。それだけではなくフラット35は一般の住宅ローンと比較して審査基準が独自のものになっている点でも人気があるのです。たとえば収入、年収の基準なども400万円から申し込み...

金融機関によってまったく異なるサービス以前は、住宅ローンの申し込みと言えば、知名度の高い都市銀行や地方銀行、地元密着型の信用金庫のサービスが人気でした。都市銀行は金利が安い反面、審査が厳しいという特徴があり、逆に、地方銀行や信用金庫は、審査が都市銀行ほど厳しくない代わりに、金利が少し高め、というのが特徴でした。しかしここ数年、低金利時代が長く続いていることも相まって、各金融機関のサービス競争が激し...

諸費用だけで200万円以上もお得になることが!住宅ローンを組む時にかかる費用は、住宅の購入費だけではありません。意外と知られていませんが、団体信用生命保険や保証料、事務手数料といった諸費用を合計すると、一般の金融機関だと80万円程度、フラット35になると230万円程度にもなってしまいます。(借り入れする金額と、ローンの返済期間によって変わります)この金額が住宅購入費に加わるワケですから、当初のライ...