住宅ローン審査配偶者

配偶者の借金で住宅ローン審査に落ちた?

配偶者
ご主人単独の申し込みなら、関係なし!

住宅ローンの申し込みに当たって、金融機関が嫌うのが他社からの借り入れです。

他社からの借り入れをしている状況というのは、収入に見合った生活ができていないと判断されるので、自動車ローンや教育ローン以外の借り入れは、なるべく完済してから申し込むことを、強くおススメします。

住宅ローンの審査では、金融会社が申し込み者の他社からの借り入れ情報を、信用情報機関に照会して確認します。

この調査では、あくまでも申し込み者の借り入れ状況だけ行なわれるので、奥さんが借金をしているような場合でも、 それが金融機関に伝わることはありません。

問題なのは、ローンの申し込み書に記載した借り入れ先や金額と、金融機関が調べた内容とに相違がある場合で、大きな開きがあった場合は、ほぼ、審査に通らないと言ってよいでしょう。

体験者の声を聞いてみても、こうしたミスは、住宅ローン審査落ちた理由に挙げられていることが多いです。

共同名義の場合は、奥さんの借金も影響する!
住宅ローンの申し込み方法の一つに、「合算収入」というのがあります。

これは、ご主人だけの年収では希望の融資額に届きそうにない時、奥さんや同居する親などの収入も併せて審査に申し込むことで、この場合は、収入を合算する人の借金もチェックされます。

もちろん、一緒に申し込む人の他社からの借り入れ額は、完済しておいたほうが審査に通りやすくなりますし、クレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借り入れは、絶対に0にしておくべきです。

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年4月】


HOME 新生銀行人気の秘密 住信SBIネット銀行 フラット35審査は? 当サイトイチ押し!