住宅ローン審査

他のローンで住宅ローン審査に落ちた?

目的ローン
他社からの借り入れ額は正確に把握!

住宅ローンの審査において、他社からの借り入れ額というのは、非常に重要な項目です。

年収が高くても借金が多ければ、住宅ローンの返済に回せるお金は少なくなってしまいますし、何よりも、他社からの借り入れは銀行や本審査をする保証会社が嫌います。

借金をするということは、自分の収入で家計のコントロールができない人と見なされてしまうので、体験者の声を聞いてみても、住宅ローン審査落ちた理由になることは間違いないです。

ただし、目的ローンによる借り入れは別です。

目的ローンというのは、自動車の購入や子供の進学のために借り入れしたお金のことで、返済が滞っていなくて、高額の借り入れでなければ、審査でマイナスになることはあまりありません。

銀行の審査書類には、他社からの借り入れを記入する欄が必ずあるので、申し込み前に正確な金額を調べておきましょう。

間違いでは済まされない記入ミス
この他社からの借り入れ額ですが、間違った金額や借り入れ件数を記入してしまうと、審査に落ちてしまうことがあります。

銀行や信用会社では、申し込み者がどの会社からいくら借りているか、信用情報機関を通じてチェックできるので、 その情報と申し込み者の申告内容が著しく違っていると、たとえ間違って記入したとしても、虚偽の申請と判断される可能性があります。

他社からの借り入れ額には、クレジットカードのキャッシング枠も含まれるので、こうした点にも留意してください!

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年4月】


HOME 新生銀行人気の秘密 住信SBIネット銀行 フラット35審査は? 当サイトイチ押し!