住宅ローン審査病気・怪我

病気や怪我が理由で住宅ローン審査落ちる?

病気
病気やケガは、将来の返済の不安に・・・

住宅ローンの審査において、頭金や返済能力といった金銭面以外で、非常に重要な項目があります。

それは、申し込み者の健康状態です。住宅ローンというのは、かなり長期にわたって支払ってゆくものです。

完済する時まで、病気やケガをせずに仕事ができる状態が続けばよいのですが、どんなに健康な人でも、年齢を重ねるとともに健康リスクは高まります。

また、過去に大きな病気やケガをしていたら、病気が再発したり、後遺症が後から発生することも考えられます。

住宅ローンの仮審査に受かっても本審査で落ちた人の話を聞くと、こうした健康面の問題が、住宅ローン審査に落ちた理由になったと考えられる人が多いのが実状です。

過去の病気やケガに関しては対処の方法がありませんが、現在、病気やケガを抱えている方は、それが完治してから住宅ローンの申し込みをしましょう!

健康状態に不安がある人の駆け込み寺?
住宅ローン審査において健康状態がチェックされるのは、「団体信用生命保険」の審査の場面です。

一般の金融機関では、申し込み者の体に万一の事態が発生した時に備えて、住宅ローンの支払いを保障するこの保険への加入を必須条件にしています。

しかし、住宅金融支援機構が提供している「フラット35」では、団体信用生命保険への加入を任意としています。

「健康状態に不安があるけど、マイホームは欲しい!」という方は、フラット35を検討してみるとよいでしょう。

ですが、原則加入ということなので、将来的なリスクを考えた場合にはやはり団信生命保険に加入することをおすすめします。

実際に団信保険に加入しないということで審査に落ちることも考えられます。

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年4月】


HOME 新生銀行人気の秘密 住信SBIネット銀行 フラット35審査は? 当サイトイチ押し!