住宅ローン諸費用

住宅ローンの諸費用と審査の関係は?

費用
住宅購入費用+諸費用が必要が金額

住宅を購入する時は、驚くほどさまざまな費用がかかります。

頭金を用意していても、こうした費用が想定外に発生したがために、頭金の追加を余儀なくされたり、希望の融資額に届かなかった人は多いので、あらかじめ知識として身に付けておきましょう。

知識がないからといって、住宅ローン審査落ちた理由にはなっていないようですが、逆に、知識がなかったがために、費用がお得になる金融機関を選べずに損をした、というケースが多いです。

まずは、基本的な費用(諸費用)を知って、それがお得になる金融機関も知りましょう!

●保証料

保証会社が申し込み者の保証人になるための費用で、50万円以上かかるのが普通です。

●団体信用生命保険料

住宅ローン支払い中に、病気で収入が絶たれてしまった時、支払いを保障してくれる保険です。

対象となる病気は保険商品によって変わりますが、最近では、3大疾病に5つの病気をプラスして、全疾病保障が標準になっています。

諸費用を抑えてくれる金融機関
上記のほかにも、金融機関に支払う事務手数料、登記の時に司法書士に支払う手数料などもあります。

これら諸費用を合計すると、住宅価格の10%程度にもなってしまうので、かなりの負担になります。

そこで最近では、顧客サービスとして保証料を無料にしたり、団体信用生命保険料や事務手数料を申し込み者の代わりに支払うなど、利用者の負担をかなり軽くしている銀行が増えています

人気が集まっているのが、新生銀行やイオン銀行、住信SBIネット銀行などで、他行では住宅ローン審査落ちた理由になっても、これらの銀行では審査でOKになるような項目もあります。

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年12月】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断でローンが2分の1
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行の口座がなくても申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 借入まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • 独自の審査基準で有利なフラット35
  • フラット35最安金利と手数料を達成
  • 保証料と繰り上げ返済手数料は0円
  • ネットで申し込み完結、来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 団信生命保険加入資格があることが必須
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
スペック 矢印 申し込み