住宅ローンの審査に落ちた?

住宅ローン審査落ちたらどうすればいい?

見出し
住宅ローン審査に落ちた方のお悩みを解決します!審査に通りやすい基準が緩い(甘い)銀行は本当に実在するのでしょうか?また、基準が緩い銀行で借り入れができても、金利が高くなったり、手数料や諸費用の借り入れ条件が悪ければ苦労するのはあなたです。当サイトでは今まさに住宅ローン審査落ちで悩んでいるあなたにおすすめの銀行ランキングを用意しました!

住宅ローン審査落ちた方におすすめの銀行ランキング!【2017年12月】

サムネイル
  • 申し込みから契約までネット完結
  • 来店不要で時間の成約無し
  • 一般団信&がん保障特約(50%)が無料
  • がんと診断でローンが2分の1
  • 三菱東京UFJ銀行なら繰上返済手数料無料
  • じぶん銀行の口座がなくても申し込み可能
  • 業界最安水準の金利
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 借入まで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保険料無料
  • コンビニATM手数料が月5回まで無料に
  • 事務手数料は借り入れ金額の2%+税
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • イオンでの買い物が毎日5%オフ
  • 変動金利は0.57%その後1.8%引き
  • 保証料・繰上げ返済手数料無料
  • 安定収入(年収100万円以上)あること
  • 連続就業6ヶ月・自営は開始3年以上
  • 一部繰上げ返済は50万円から
  • 団信保険料・8疾病保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

ランキング
  • 独自の審査基準で有利なフラット35
  • フラット35最安金利と手数料を達成
  • 保証料と繰り上げ返済手数料は0円
  • ネットで申し込み完結、来店不要
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済はネット利用で10万円〜
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック 矢印 申し込み

サムネイル
  • 金利・諸費用が安くトータルでお得
  • 事務手数料54,000円〜162,000円
  • 団信生命保険料・保証料無料
  • 団信生命保険加入資格があることが必須
  • 繰り上げ返済手数料0円・1円から何度でも
  • 就業年数2年以上・年収300万円以上
スペック 矢印 申し込み

住宅ローン審査落ちた理由から探る攻略法!

攻略
マイホームのための住宅ローン攻略術

マイホームを購入するために不可欠な住宅ローン。

申込書の書き方や金利、費用などの特徴、金融機関の選び方など、覚えなくてはいけないことがたくさんあります。

こうした知識は、金融機関の窓口などである程度会得することはできますが、事前に自分調べておけば、厳しいと言われる住宅ローン審査に落ちなくなりますし、夢のマイホーム獲得への近道になります!

しかし、インターネットや書籍などである程度の知識は身に付けられても、限界はあります。

そこでこのサイトでは、住宅ローン審査落ちた理由を実際の体験者の声から集め、みなさんのマイホーム獲得につながる情報としてまとめました。

基礎的な知識から、費用がお得な金融機関や基準に通りやすい金融機関の紹介まで、非常に役立つコンテンツが満載なので、ぜひ、サイトの隅々まで読んでください!

住宅ローンは知識があると有利になる?
住宅ローン審査というのは、申し込み者の年収などから割り出される返済能力や、健康状態、信用情報などが基準になりますが、同時に豊富な知識があることで有利になる項目もあります。

それは、ライプランの説明です。

金融機関の担当者は、上記のような数値で示される情報だけでなく、申し込み者の金銭感覚、計画性なども重要視します。

住宅ローンは長期にわたって支払ってゆくものなので、まじめにコツコツと返済してゆく人なのか、それに対してきちんとした計画を立てられる人なのか、いわゆる「人物評価」も行ないます。

ライフプランを立てるには、住宅ローンの知識があったほうがよいですし、現実味のあるプランであれば、金融機関の担当者の評価も上がるというものです。

知識が身に着けば、最適な金融機関が見えてくる!
住宅ローンに関して覚ええることはたくさんあると記しましたが、すべての事項について深く知る必要はありません。

たとえば、金利に関しては、どのようなタイプのものがあって、それぞれ、どのようなメリット、デメリットがあるのか、ということを知ればOKです。

また、費用に関しては、少しでもお得な返済プランにするためにも、金融機関同士の比較ができればOKです。

こうしたことは、このサイトを一通り読むだけで、ある程度は自分の知識として身につくはずです。

その上で、ここで紹介している新生銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行、楽天銀行のサービス内容を確認すれば、この中から自分に最適な金融機関が見つかることでしょう!

住宅ローン審査に落ちたらどうすればいい?

理由
住宅ローン審査落ちた理由を探る

住宅ローンは、銀行による事前審査と、保証会社による本審査の2段階になっています。

まず金融機関の担当者に指示されたさまざまな書類を用意し、年収、頭金、他社からの借り入れ額などを確認し、本審査に通ると思われる状態で申し込みます。

この事前チェックに通過すれば、本審査に進むワケですが、金融機関の担当者が通るだろうという感触を持っていても、結果は落ちてNGになることが、多々、あります。

本審査というのは、申し込み者の保証人となる保証会社が行うので、落ちた理由は一切教えてくれません。

最初の金融機関で住宅ローンの審査がNGとなったら、また別の金融機関に申し込まなくてはなりませんが、ここで必要なのが、住宅ローン審査落ちた理由を自分なりに推測して、次の申し込みで修正することです。

基準が甘い金融機関がねらい目!
住宅ローン審査落ちた理由として、自ら確認できそうな項目としては、まず、他社からの借り入れ額が挙げられます。

他社からの借り入れ額と借り入れ先を申告しますが、これが事実と違っていたりすると、本審査でNGがでる原因になります。

特に、クレジットカードのキャッシングや消費者金融からの借り入れは、致命的になります。

また、勤続年数が短かったり、自営業者の場合、開業からの期間が短い、ということも挙げられます。

改善できる点はすべて対処するのはもちろんのことですが、住宅ローンの審査が甘い金融機関を選ぶことも必須です。

たとえば、住信SBIネット銀行では、勤続期間は2年あれば問題ありませんし、正社員だけでなく、派遣や正社員でも住宅ローンに申し込めます。

また、自営業者の場合は、開業から2年経過していればOKで、2年間の平均所得が300万円以上あれば、審査に申し込めます。

住宅ローン審査に年収基準で落ちた?【収入と返済能力とは?】

計算
自分の返済能力を的確に把握する!

マイホーム獲得は、みんなの夢です。

「今住んでいる家賃を返済に回さば、マイホームが購入できる」

といった声をよく聞きますが、マイホームの購入にかかる費用というのは、家賃相当分では済まないのが現実です。

無理してマイホームを購入したとしても、途中で返済できなくなり、銀行に差し押さえられてしまう、なんてケースは非常に多いので、まずは、あなたの現在の年収なら毎月いくらの返済をできる能力があるか、正確に計算してみましょう!

住宅ローンの返済能力は、「返済負担率」という項目で示されます。これは、

住宅ローンの年間返済額÷年収

という式で出された数値に100を掛けて%であらわしたもので、年収500万円の人が1年で100万円の返済をする場合は、100÷500×100%=20%となります。

返済負担率は低いほうがいい
この返済負担率は、低ければ低いほどよいとされており、数値が高いことは住宅ローン審査落ちた理由にもなるようです。

返済負担率を下げるには、年収を上げるか、毎月の返済額を下げるか、という選択になりますが、年収は会社の経営状態によっても左右されるので、即効性があるのは後者でしょう。

返済負担率の基準は25%以下と言われていますが、年収などによってそのボーダーは高くなるようです。

まずは、金融機関の担当者などに相談してみましょう。

自営業者の方の場合は、3年間ぐらいの所得を基に審査が行われます。

もちろん、事業は黒字化していなくてはなりませんし、黒字の期間が数年間続いていなくてはなりません。